保定装置

QCMリテーナー

1.装置の適応

  • ●矯正治療後の保定

2.装置の構造

QCMリテーナー

3.装置の作用

唇側線とレジン床が前歯の位置と臼歯間幅径の保定をする。
唇側弧線が歯列弓長を保定する。

4.装着上の注意事項

  • ・可撤式装置(取り外し可能)であるため患者さんの協力が重要である
  • ・着脱の際は両手で行う(特に透明の繋ぎ目部分が弱いため注意)
  • ・基本的に24時間使用する(お食事、歯磨きの時以外)
  • ・装着していない際は必ずケースにしまう
  • ・2~3日に1回洗浄剤で洗浄を行う(毎日行っても問題ない)
  • ・熱に弱いため熱湯や熱い物の近くに置かない

インビジブルリテーナー(ソフトリテーナー)

1.装置の適応

  • ●矯正治療後の保定
  • ●後戻りが発生した際の多少の歯の移動

2.装置の構造

インビジブルリテーナー

3.装置の作用

4.装着上の注意事項

  • ・可撤式装置(取り外し可能)であるため患者さんの協力が重要である
  • ・着脱の際は両手で行う
  • ・基本的に24時間(お食事、歯磨きの時以外)使用する
  • ・装着していない際は必ずケースにしまう
  • ・2~3日に1回洗浄剤で洗浄を行う(毎日行っても問題ない)
  • ・熱に弱いため熱湯や熱い物の近くに置かない

スプリングリテーナー

1.装置の適応

  • ●下顎前歯部の保定
  • ●下顎前歯部の軽度な後戻りの歯の再配列

2.装置の構造

スプリングリテーナー

3.装置の作用

唇側舌側の両面からのレジンパットにより叢生への後戻りを防止する。

4.装着上の注意事項

  • ・可撤式装置(取り外し可能)であるため患者さんの協力が重要である
  • ・着脱の際は両手で行う
  • ・基本的に24時間使用する(お食事、歯磨きの時以外)
  • ・装着していない際は必ずケースにしまう
  • ・2~3日に1回洗浄剤で洗浄を行う(毎日行っても問題ない)
  • ・熱に弱いため熱湯や熱い物の近くに置かない

フィックスリテーナー(犬歯間保定装置)

1.装置の適応

  • ●前歯部の保定

2.装置の構造

フィックスリテーナー

3.装置の作用

犬歯間幅径を維持して、叢生への後戻りを防止する。

4.装着上の注意事項

  • ・固定式装置(着脱不可能)であるため、ワイヤー下にプラークや歯石が付着しやすく
  • ・虫歯や歯周病のリスクが高まるため丁寧なブラッシングを行う

ベックタイプリテーナー(ラップアラウンドリテーナー)

1.装置の適応

  • ●矯正治療後の保定
  • ●抜歯をして矯正治療を行った後に使用されることが多い

2.装置の構造

ベックタイプリテーナー

3.装置の作用

唇側線とレジン床が前歯の位置と臼歯間幅径の保定をする。
唇側弧線が歯列弓長を保定する。

4.装着上の注意事項

  • ・可撤式装置(取り外し可能)であるため患者さんの協力が重要である
  • ・着脱の際は両手で行う
  • ・基本的に24時間(お食事、歯磨きの時以外)使用する
  • ・装着していない際は必ずケースにしまう
  • ・2~3日に1回洗浄剤で洗浄を行う(毎日行っても問題ない)
  • ・熱に弱いため熱湯や熱い物の近くに置かない

ホーレーリテーナー

1.装置の適応

  • ●矯正治療後の保定
  • ●非抜歯で矯正治療を行った後に使用されることが多い

2.装置の構造

ホーレーリテーナー

3.装置の作用

唇側線とレジン床により前歯部の叢生への後戻りを防止する。
レジン床により臼歯間幅径の減少を防止する。

4.装着上の注意事項

  • ・可撤式装置(取り外し可能)であるため患者さんの協力が重要である
  • ・着脱の際は両手で行う
  • ・基本的に24時間(お食事、歯磨きの時以外)使用する
  • ・装着していない際は必ずケースにしまう
  • ・2~3日に1回洗浄剤で洗浄を行う(毎日行っても問題ない)
  • ・熱に弱いため熱湯や熱い物の近くに置かない

tel 03-6661-9870

ご相談・お問い合わせ

〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町
2-1-15 2F

診療時間 11:00~14:00
16:00~21:00

休診日 土曜日 / 日曜日 / 祝日


大きな地図で見る